日本著作権教育研究会HomePage
日本著作権教育研究会HomePage
日本著作権教育研究会HomePage
お問い合わせ
個人情報保護について
リンク集
採用情報
講演活動等
許諾申請代行業務
eラーニング
法改正について
HOME日本語TOP What's New

英国著作物の入学試験および試験実施後の二次利用に関するお願い

  英国の出版組合The Publishers Association のSimon Bell氏から日本の教育機関に対し、英国で出版された著作物の利用に対するガイドラインが、送られてきました。この書簡は、すでに文化庁および文科省へは、手渡し済みです。

  著作権に対する関心の高まりは世界的なものです。これまで貿易と言えば、モノを船やトラックで運ぶものでした。まさしく物流でしたが、インターネットで海外のサイトから音楽をダウンロードしたり海外の有料サイトをカード決済で利用するといったことが当たり前のように行なえる時代になりました。国境と言う線がなくなり目に見えない電波となって情報が飛び交う時代。形のない情報にお金を使う時代になっています。我が国が、「知的財産基本法」を定め世界戦略を考えるように各国も『知財の保護と活用』を重要な課題として取り上げています。改めて申し上げますが、『海外に申請をしたら桁違いな高額を請求された』と言うような誤謬がまことしやかに語られていますが、そんなことはありません。確かに権利者の特定には困難を極めることがありますが、殆どの場合は情報不足(書名の不備、Copyright不明)によるものです。国際化の時代と言う言葉は言い古されましたが、真の国際化とは、こうしたルールの認識から始まるのではないかと思います。

届いた書簡の内容は、

1. 著作物を含む入学試験問題を転載(再利用)する場合は事前に許諾を得る必要がある
2. 著作物を使用する際は出所の明示が必要
  (著作物の抜粋が試験問題に使用されている場合、出所の明示が必要)
3. 著作物を使用する際は改変・改ざんをしてはならない

という、至極あたり前の内容です。詳しくは、原文と、書簡のPDFをご覧ください。

原文
MESSAGE TO ALL JAPANESE EDUCATIONAL INSTITUTIONS
The Publishers Association is the representative body of book and learned journal publishers in the United Kingdom, including over 200 member companies who, between them, represent 80% of UK publishing. Our aim is to serve and promote the interest of book, journal and electronic publishers and to protect those interests.

The purpose of this message is to encourage the legitimate educational use of copyright materials by Japanese users and to reduce the potential liability for copyright infringement within educational establishments.

We are aware that a growing number of English literary works are used for educational purposes including universities’ entrance examinations. We would like to point out the following guidelines for use of copyright material.

1. Prior permission must be obtained for reproduction of examination papers which contain the copyright material

2. Use of copyright material requires sufficient acknowledgement of the source.
  (Excerpts from the material forming part of exam questions need to be acknowledged.)

3. Copyright material must be used without alteration or modification.

The right of attribution ensures that the author of a work has the right to be named as the author of that work. Uses of copyright materials require acknowledgement of the title and the author of a work from which copyright material is taken.

It is not necessary to obtain permission for examination purposes. However, past exam papers are not considered as for examination purposes and permission is required for the secondary use of the copyright material.

All the above matters are clearly stated in Japanese copyright law as well as UK copyright law and should already be standard academic practice. We would like Japanese educational establishments to undertake more rigorous checks to ensure the legitimate use of copyright materials and to discourage infringement.

If you require any further information regarding these matters, please do not hesitate to contact me. Thank you for your attention.

Best regards,

Simon Bell
International Director
Publisher's Association
29B Montague Street
London WC1B 5BH

T +44 (0)207 691 1373

PDF版